2011年05月03日

手引書

他の人にとっては、ちょっと大変そうなことでも
自分にとっては、そうでもないこと。

そういうものはないかなと思っていたのですが、

もしかしたら、
説明書を作ること。
がそうかもしれないと思えました。

プログラムを作った後に、それの操作手引書などは
普通、めんどくさい。ということで、わりと、
省かれたり、思いっきりラフに書かれたりすることが
多いように思います

誰に言われたかはもう忘れましたが、
手引書を作るところまでが仕事。
というのが頭に残っていて、大変であることには
違いないんですが、できるだけ、マニュアル類も
きっちり作るようにしています。

書いておけば、それを渡すことができますし、
あとあと、自分が忘れてしまっても残っています。

マニュアルがすべてではないことはわかっていますが
だけど必要だと思っていますので、機会あるごとに
作成していきたいと思っています。
posted by kitt at 19:07| Comment(0) | 日記