2011年10月03日

基板の配置について

3つの基板を、250×200×100の箱の中に
配置するのに、どうしようかなと思っています。

kibanhaichi02.jpg


一応、同じ面に配置しても収まるのですが、
あと、端子台が、16端子×2つつけようとしています。

箱の中に、プラ板を置き、それをベースにしようと
思っているのですが、
端子台を浮かすために、50mmほどベースを浮かす
必要があります。

面積節約を考えて、ベースの表面、裏面に両方基板を
配置しても問題ないだろうか? そんなことを考え中です。


kibanhaichi01.jpg

写真の中の、3つの基板の、左の1つが、電源基板になるんですが

基板をベースの両面に配置する場合、私としては、電源基板を、
裏面に配置して、箱のふたを開けたときに、マイコンの基板と
Bluetoothの基板がすぐ見えるようにしたいところですが、

マイコンや、Bluetoothの下に電源を持っていったら、もしかして
熱の問題が出てくるかもしれないなと思い、だとしたら、
表面に電源、裏面にマイコン基板とBluetoothの基板ということに
したほうがいいだろうか?

箱は固定するかどうかは、使う側しだいですが、写真の箱の
寸法の書いてある面に、スイッチとかLEDがつくので、
普通に考えれば、ベースの表面が上、ベースの裏面が下に
なります。

結論を近いうちに出します。
posted by kitt at 13:48| Comment(0) | 日記