2011年10月16日

アンドロイド センサーの値を取得 エンコーダー

enctest01.jpg

ロータリーエンコーダの動作確認ができました。
写真がぼやけていますが、
29517
というのが、エンコーダの値です。

初期値を30000にして、
マイナス方向にパルスが発生しているという
ことになります。

実際には、マイコンがタブレットに、データ送信するごとに
エンコーダの値を、30000にして、次に送信するまでの
変化量で、タブレット側には、表示させようと思います。

こうすることで、マイコン側の桁あふれなどに対応できると
思います。

本番は、1回転で1000パルスのロータリーエンコーダで、
位相係数モードというので使うと、1回転で4000パルスに
なります。
例えば1秒ごとにデータを取得する場合。

1秒間に7回転くらいまでなら、桁あふれが起きないだろうなと

以前のデータで、1回転で、227.6mmの移動量として
計算した場合、1593.2mm 

1秒で約1.5mの移動量。

もしそれでもオーバーフローするようなら、
初期値を30000ではなく20000に
すれば、プラス方向への桁あふれに余裕が持てることになるので
そのようにするつもりです。値の範囲は0〜65535かな。
(16ビット 2の16乗)
posted by kitt at 23:26| Comment(0) | 日記