2008年09月21日

WebkitのPostgreSQL

WebkitでPostgreSQLが使用できるのですが、今まで
MySQLばかり使っていて、勝手がまだわかりません。

コマンドラインでの操作がよくわからず、説明書をみると

−−−−−−−−−−
PostgreSQL のオペレーションは、telnetもしくはssh を
用いたコマンドラインで行うのが基本ですが、Webkit には、
Windows用のGUIオペレーションツールPgAdminIIIを同梱して
あります。
−−−−−−−−−−
とありました。

Windowsマシンにインストールして、データベースの追加
テーブルの作成、データの追加と、抽出を
SQLレベルで行い、問題なくできました。

1つ気をつけることは、
テーブル名、項目名とも、全て英字は小文字を使用すること
だと思います。

PgAdminの機能で、テーブルの作成も行えますが、
これを使うと、テーブル名が英字の大文字でも
作成できるようです。
ただし、それに対してデータの操作を行おうと
すると
たとえばTESTというテーブル名に対して
select * from TEST
というSQLを発行すると、
test というテーブルが無いというニュアンスの
メッセージが出ます。

テーブル名をtestにして同様に
select * from test
のSQLを発行すると、成功しました。

もう1つ、これは、設定によって異なるのだろうと
思いますが、

insert into test values("abc");
だとエラーになり、
insert into test values('abc');
だと成功しました。

pgadmin
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: