2008年09月28日

include_path

PEARを使うとき、PHPにはinclude_pathというものが
あるのを知りました。

説明をみると、下のように書かれてありました。

「include_path」に、require()、include()、 および
fopen_with_path() 関数がファイルを 探すディレクトリを
指定することが出来ます。指定は、複数のディレクトリを
指定できます。すなわち、require()やinclude()したい
ファイルのディレクトリを指定しておけば、呼び出す時
指定したディレクトリからの下層の相対アドレスを指定する
だけですみます。指定したディレクトリの中のファイルは、
ファイル名だけの指定でOKです。require_once()、
include_once()も同様です。

webkitで、ちなみにphpinfo()でみてみると、
きっちり、include_pathが指定してあり、PEARで使用する
ものも、若干量、既に存在していました。

include_path

参考URL
デジットさんのPHPのinclude_path
http://digit-01.com/ownpage/php_include_path.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: