2011年07月20日

PICマイコンの可能性

先日PICマイコンでリレーのON、OFFを制御してみました。
初めてC言語でプログラムを書きました。今までPICは
アセンブラで書いていました。

アセンブラのほうが細かいタイミングとかの制御がやりやすいと
教えられてきてましたが、やはりCのプログラムのほうが、
ぼくにとっては、理解しやすいと感じています。

また、今では、以前に比べて、本での解説も理解しやすい
カタチで書かれているような気もします。

シリアル通信、I2Cの関連までサポートされているようなら
PICマイコンだけでも、かなりのプログラムが作成できるんじゃ
ないかと感じました。

1つのPICで実現できなくても、2つ使えば実現できるとか。

少し本を買って、かいつまんで機能を理解して、それを
仕事の中で使えたら、できることの範囲が広がると思います。

posted by kitt at 22:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: