2011年10月14日

アンドロイド 定期的にデータ送信

定期的にタブレットからマイコンに対して、データ要求のコードを
送信する。という仕組みが作れました。

今現在、スレッドを使って、socket通信を行っていますが
単に、スレッドの中で、インターバルをおくだけで
いいのかどうかを、今日中には試したいと思います。
(試せました)

スレッド自体は、ループしていて、

>Thread.sleep(REPEAT_INTERVAL);

このあたりがキーワードになるかなと思っています。
REPEAT_INTERVALの値は前もって、このように定義すると
//繰り返し間隔(ミリ秒)
private final int REPEAT_INTERVAL = 3000;

3秒間処理が停止されます。

スレッドというのは、ちょっとニュアンス違うかもしれませんが

会社の中にAさんとBさんがいて、AさんとBさんは別々の仕事を
している。会社としてみた場合は、2つの仕事が同時に進んでいて
連携もできるし、通常は別々の動きをしている。
というような例え方ができるかもしれません。

プログラムとしては1つでも、処理が通常は同時並行的に処理できる。

スレッドの処理が止まっても別処理は普通に動作している。
ので、スレッドで、3秒のタイマーを用意して、3秒ごとに
マイコンにデータ要求をする。というのが動作確認できました。

本番は1秒ごとくらいにデータ要求ができればいいなと思っています。

次は、アンドロイド側からのデータ要求に応じて、
センサーの値を返す仕組みを作ります。

擬似的にセンサーの役割をするボリウム(ボリューム 可変抵抗器)を
調達してきます。
posted by kitt at 14:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: