2011年09月15日

理解しないといけないこと

理解しないといけないことでまだ、
未確認のこと、

SDカードへの、ファイルの読み書き

bluetoothで、外部機器との通信
(できることの確認は香川でやってきたけど
実際に組み込むのは難易度が高そう)

外部機器である、マイコンのプログラム設計。

アンドロイドタブレットと、パソコン間で、
USBケーブル接続での、ファイルの転送
(これは問題ないと思う)

ただし、CSVファイルを扱うときの
文字コードの調査。
posted by kitt at 21:30| Comment(0) | 日記

ケータイ復活

ケータイ本体は何も問題なく、
充電のコネクタが、一時的に
接触不良を起こしていました。

一応、auのお店に行ったときに
現象は確認してもらえました。

単なる接触不良だけででよかった。
posted by kitt at 19:29| Comment(0) | 日記

単純なファイル操作

単純なファイル書き込み読込に関しては
動きを確認しましたが、実態のファイルが
どこにあるのかがわからないままです。

画面に関して、エディットテキストのところで
入力を行うとき、画面上にキーが出てきますが
未入力で、抜けようと思うときの方法がわからないのと

1つのエディットテキストだけ入力して終了しようと
思っても、画面上に、「次へ」があり、どうしても
次のエディットテキストの入力を行うことになって
しまっています。

設定を変えればなんとかなるとは思っていますが
今のところは、まだ、そのあたりの制御がわかって
いません。


filerw01.jpg

filerw02.jpg

filerw03.jpg

filerw04.jpg

filerw05.jpg

filerw06.jpg
posted by kitt at 19:13| Comment(0) | 日記

画面の配色を変えてみました

こったことはしないつもりですが、
若干は画面の配色を変更することも
ありえると思い、実際にどうやるのかを
試しました。

消費電力のことを考えると、バックは、黒のほうが
いいのかもしれません。

画面のレイアウトに関しては、ホームページのデザインに
似ているかなと感じます。

ホームページのデザインはどちらかというと
苦手ですが、徐々になれるしかないかと
思います。

最終的には、edittextなどは、大きさを数値指定するかも
知れませんが、今は、横は最大になるように、という記述に
なっています。


gamencolor01.jpg

gamencolor02.jpg
posted by kitt at 16:12| Comment(0) | 日記

画面の向きを、横長で、固定してみました

gamenyoko01.jpg


landscape(横固定)
portrait(縦固定)
unspecified(デフォルト)

など。

今回は、横長で固定する必要あり、なので、
landscape
の設定をしてみました。

実際に試してみて、
画面をどう傾けても、表示が固定の向きで
あることが確認できました。
posted by kitt at 13:51| Comment(0) | 日記

アイコン変更

インストールしたときのアイコンを標準のものから
変更するのに、iconファイルを全部変えてみました。

アイコンはちゃんと変更できましたが、
透過処理を行ったソフトで失敗していたようて
縞模様になってしまってましたが、とにかく
アイコンは変更できました。

一時的にケータイが動かなくなったので
アイコンがでているところの写真は撮りませんでしたが

プログラムとは関係ないところからの
理解も少しずつ進んでます。

iconhenkou.jpg
posted by kitt at 10:01| Comment(0) | 日記

ケータイの電源が入らない

昨日、アンドロイドケータイに1つプログラムを
送り込みましたが、

それで壊れるほど、やわじゃないと思うんですが

今日朝、アラームがならないなあと思って
ケータイをみてみると、電源が切れてました。

しばらく、どことも連絡を取れない状態というもの
いいかもしれないな。

と思ってはみましたが、auショップに行く
理由がやっとできました。
posted by kitt at 07:07| Comment(0) | 日記

Logでの確認もできるようになった

込み入ってくると、動きをログで追うというのも
難しくなってくるのかも知れませんが
今の時点では、動きをログで追うやり方も
わかってきました。

最初Logが何も表示されなかったのですが

マニフェストで、デバッグの設定をしたのと、
一日中、エクリプスを起動させっぱなしだったので、
一度完全に終了させて、再起動後は、普通に
ログも表示されるようになりました。

マニフェストでの、Activity(サブ画面側)の
定義の仕方は、アドバイスをもらい、簡単になりました。

debug01.jpg

debug02.jpg

debug03.jpg
posted by kitt at 06:57| Comment(0) | 日記

2011年09月14日

記述を修正して、直った

まだ、間違っているかもしれませんが、
マニフェストの記述で、

メインではない画面の
AnotherActivityの側で

<action android:name="android.intent.action.MAIN" />

の行をはずしました。

これは、最初の画面にだけあればいい記述のようです。

参考
http://blog.haw.co.jp/android/?p=54

一応自分の予想通りになってきました。
インストール時に、アイコンが2つできる現象は
解消した。


intent07.jpg
posted by kitt at 22:36| Comment(0) | 日記

調べて記述を修正してみた

まだ、間違っているかもしれませんが、
マニフェストの記述で、

メインではない画面の
AnotherActivityの側で

<action android:name="android.intent.action.MAIN" />

の行をはずしました。

これは、最初の画面にだけあればいい記述のようです。

参考
http://blog.haw.co.jp/android/?p=54

一応自分の予想通りになってきました。
インストール時に、アイコンが2つできる現象は
解消した。


intent07.jpg
posted by kitt at 22:34| Comment(0) | 日記

アンドロイドで画面の切り替えができるようになった

intent01.jpg

intent02.jpg

intent03.jpg


アンドロイドの入門講座で教えてもらってから
少し時間がかかりましたが、ようやく
自分で、画面切り替えのやり方が理解
できてきました。

明示的intent というキーワードや、
いろいろ調べて、ようやく自分で
理解できるレベルの説明を見つけ、
理解できつつあります。

ものすごい基本的なことがようやくわかってくると

実際の、画面のサイズを調べてみようか。
という気持ちになり、実際にプログラムで
調べてみました。

意外と解像度低いことがわかりました。

画面サイズは小さいですが、アンドロイドケータイの
IS03のほうが解像度がいいみたいです。

まあ、仕様通りですけど。
http://www.zte.co.jp/press_center/news/201103/t20110303_1019.html

simカードはささずに、wifiでネットに繋ぎましたが、
gmail登録しないと、不便は不便ですね。

どうしても必要になったときに考えようと思います。


最終的に納品物になるので、自分の情報は入れれません。

それと、やはり、予備機としてもう1台は必要な気が
しました。

今のところアマゾンとか、日本通信で購入可能なので
これも必要なときに手配することにします。


メイン画面から、サブ画面にきりかえて、
サブ画面からメインに戻るときに、サブ画面で
セットした値もちゃんとわたってきていることが
確認できたので、ある程度画面間でのデータ引渡しも
可能なこともわかりました。

*****
*****
ひとつ、わからないのが、
apkファイルを作成して、usb経由で、sdカードからインストールを
行ったとき2つのアイコンが作成されました。

理由は、アクティビティを2つ作ったから(画面を2つ作ったから)
だとは思うんですが、自分の感覚としては、アイコンは1つで、
最初のアクティビティが起動されて。。。という動きになると
思っていました。

設定をなにか変えれば、アイコンを1つにすることは可能なのでしょうか???

*****
*****

intent04.jpg

intent05.jpg

intent06.jpg
posted by kitt at 19:39| Comment(0) | 日記

2011年09月12日

Andoroid入門講座をうけてきました

9月10日、11日と香川高等専門学校 高松キャンパス
に行きAndoroid入門講座をうけてきました。

まだまだ、理解に時間がかかっているなという
感じで、内容とかを理解するのが大変ではありますが

ヒントになることは、いろいろと盛り込まれていました。

他の作業との兼ね合いでAndoroidのプログラム作成だけに
時間を当てられないですが、自分のスキルにしていきます。

何が理解できていないのかは明確で、アンドロイドプログラムの
もとのをなしているjavaを今まであまりやってこなかったこと。

処理の実装など、まだ、アンドロイドがどういう順番、イベントで
動いているのかが、はっきりつかめていないこと。

今は、量をこなして、慣れるしかないだろうと思っています。

他の負荷を軽減させる段取をしていますが、それでも、
まだアンドロイドに本格的に集中できていません。


いろいろ、改善すべき点や、自分の弱点がわかってきているので
それを、解消していく方向に向いていけば、徐々にアンドロイドも
わかってくるんじゃないかと、考えています。

今回の講習、今はまだ、自分で成果というものがわかっていませんが
いずれ、この2日に教えてもらったことが、いろんなところで、
「効いてくる」と思っています。
posted by kitt at 08:55| Comment(0) | 日記

2011年08月05日

積み重ねが必要

サンプルを入力して、auのスマートフォンに展開。
という手順で、アンドロイドのプログラムを
試しています。慣れるために、毎日すこしずつ
時間をとっていったほうがいいだろうと思えました。

もう少ししたら、java自体をもう少し深く掘り下げる
必要があるだろうと思います。
posted by kitt at 22:04| Comment(0) | 日記

2011年08月04日

アンドロイドのプログラムを思いだそう

anpg01.jpg


anpg02.jpg

一通り思いだすために、
auのIS03の中にサンプルプログラムを
インストールしてみました。

アンドロイドマーケットからではなく
SDカードに xxx.apkのファイルをコピーして
それを展開させるやり方です。

ボタンをタッチすると、数秒だけ、ポップアップメッセージが
表示され、その後消えるプログラム。

やり方を思いだすのも一苦労でした。
posted by kitt at 18:48| Comment(0) | 日記

2011年07月30日

インターロックという考え

少し前に作成した、水位センサーですが
自分の家で使おうと思うと、2つ必要になります。
そして、電源の供給は、1箇所。

同時に、2つのモータを回すことは、NG。

片側は動いているときは、もう片方をとめておく
必要があります。

インターロックという考えを、教わりました。

少し、先になりますが、その仕組みを使って
自宅でも水位センサーを活用したいと考えています。

電磁開閉器に、b接点が連動するタイプのものが
必要になりそうです。
posted by kitt at 14:47| Comment(0) | 日記

2011年07月29日

強引にでもスタートをきれ

一度やった作業を、後日やり直すことや、
方針が変わって、のやり直しということは
予測しておかないといけないですが、

時間があいてしまった後での
やり直しに関して、なかなかスタートが
きれないという現実があるなと感じます。

作業に着手すると、以前のことを、徐々に
思い出して、作業スピード上がってきますが
なにせ、スタートがきれない。


このあたりを、解消するいい方法は?

気持ち的に逃げないこと。

そんな抽象的なことじゃなく、具体的なことを
見つけないと、同じような状態が次にきたときに
同じことになるなあ。と今思っています。
posted by kitt at 21:20| Comment(0) | 日記

2011年07月20日

PICマイコンの可能性

先日PICマイコンでリレーのON、OFFを制御してみました。
初めてC言語でプログラムを書きました。今までPICは
アセンブラで書いていました。

アセンブラのほうが細かいタイミングとかの制御がやりやすいと
教えられてきてましたが、やはりCのプログラムのほうが、
ぼくにとっては、理解しやすいと感じています。

また、今では、以前に比べて、本での解説も理解しやすい
カタチで書かれているような気もします。

シリアル通信、I2Cの関連までサポートされているようなら
PICマイコンだけでも、かなりのプログラムが作成できるんじゃ
ないかと感じました。

1つのPICで実現できなくても、2つ使えば実現できるとか。

少し本を買って、かいつまんで機能を理解して、それを
仕事の中で使えたら、できることの範囲が広がると思います。

posted by kitt at 22:13| Comment(0) | 日記

2011年07月15日

水位センサー200V仕様

gaikan.jpg

デモ版を作った後にいろいろ改良して
200V仕様の水位センサーを作成して
実際に取り付けを行ってきました。

どのあたりが難しいのか、
作成時に、どのあたりに時間がかかったのか
ということを記録して、今後に活かしたいと
思います。

今回いろいろな方に協力していただきました。
感謝しています。
posted by kitt at 07:38| Comment(2) | 日記

2011年07月03日

PICマイコンで水位センサー(AC100V制御)

DSC_0025.JPG

PICマイコンを使って水位センサーを作成しました。
電源はAC100Vで、制御するものも、AC100Vです。

電極が、水に浸かっているときはスイッチがOFFで、
水が減って、電極が水に浸からない状態になった瞬間に
スイッチがONになり、AC100Vで動作する負荷が動作
します。
例えば、負荷が水中ポンプなら、水をためて水位が上がってくる
という感じになります。

一度、スイッチが入ると、プログラム中で設定している時間は、
電極が水に浸かっていようといまいと、スイッチはONのままで、
水中ポンプは回り続けます。

設定時間が1時間だとすると、スイッチがONになって
1時間後に、電極の状態をチェックして、もし、電極が
水に浸かっていれば、スイッチはOFFになり水中ポンプは
止まりますし、まだ、電極が、水に浸かってなければ、すぐ
スイッチが入り、また1時間、モーターが回りっぱなしと
いう感じです。

これは、田んぼの水の水位をある程度一定に保つために
という考えのものに作成しました。

今回のは、AC100Vでの制御ですが、実用にするには
200Vの三相交流で使えるようにする必要があります。

三相交流の関連のことを少し頭に入れる必要はあります。

今は、直流電圧は、ACアダプタが優秀で、
入力は、AC100VからAC240VまでOKのものが
あるので、回路の電源は、三相交流の中の一相からとれるので
制御部分は、そのまま使えると思っています。

電源ONの時間設定は、PICのプログラムを書き換えれば、
1分から、255分までなら、簡単に変更できると思えます。

今回PICのプログラムをアセンブラではなく、
C言語で作ってみましたが、そのあたりの変更は
容易になったと思えます。

デモ版なので、かなり大きめに配置しました。
posted by kitt at 21:41| Comment(1) | 日記

2011年06月12日

身近なところにもやれることはある

アンドロイドも、H8マイコンもやりたい。

でも、もっと小規模の、PICマイコンを
もっと自分で使いこなすレベルにしておく
必要があると思えました。

最初に勉強する、
16F84Aや12F675あたりだけでも
それなりの制御はできるはず。

パソコンの形はしていないけど自動制御。

勉強だけじゃなく、仕事にしていけるように
準備しようと思います。

一応、電気の勉強はしているけど、
結局、プログラムよりも、外回りの回路設計が
きっちりできないという自分の弱点がある
みたいなので、デジタル回路の設計くらいは
ちゃんとできるようにしたいです。

それからもっと身近なところでは、200Vの三相交流から
一相だけ使って、最終的に、直流5Vを作るなんていうようなこと
実際にやってみたらできることも、頭の中だけだと、ぜんぜん
わからない。弱電に対して強電の知識も少しは必要。

最近は、マネジメント関係の考えがいろんなところで
出ていて、それも参考にするけど、今の自分には
それよりは、ランチェスター的な考えを実践する
べきときかもしれないと思っています。

ここに書いたことは、全部正しいとは思わないでくださいね。
posted by kitt at 09:21| Comment(0) | 日記